skip to Main Content
Head

感情を扱った話し合いができるとチームは前進する。

こんにちは。
シマです。

私が言うには、チームの中で感情を扱った会話ができるとチームは前進します。
人は、通常、「感情レベル」の会話と「思考レベル」の会話をしています。

感情レベルの会話は、「悲しい」「イライラしている」のような文字通り、感情を言語化したもの。
思考レベルのは会話は、「私は○○だと思います」「○○だと考えます。」のようなものです。

仕事上では、ほとんどが思考レベルの会話をしており、感情レベルの会話はあまりしてないように思います。
その反面、本当は怒っているのに(態度では出ているのに)、「○○をやった方がいいと思います。」のような思考レベルの会話をしていることがあります。
そういったと表面上の思考レベルの会話だけを扱っていると、関係性がより悪化します。

そのような場合は、怒っていることをちゃんと伝えて、その理由を伝えた方がチームと前進します。
言った側もすっきりするし、言われた側も「そんな感情を抱いていたのか」とわかります。

いつも感情的では逆に前に進まないですが、思考レベルだけを扱っている場合は、時に感情レベルで話をすることがチームを前進させます。
やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top