skip to Main Content

目の前で起きることを面白がり、楽しむ人を増やす。

こんにちは。
シマです。
久しぶりの投稿です。
(1年近く空いとるがな)

先月末、社内のメンバーが一同に介し(と言っても6人ですが笑)、半期事業ミーティングをやりました。このミーティングの目的は、半期で起きたことをふりかえり、今後の方針と残りの半期の目標のすりあわせです。


(写真はその時のものではありません。)

もともと、我々の理念は、「働くを楽しむ人を増やす」ですが、
改めて「我々は、何のために仕事をしているのか?」を見直す話し合いを行いました。

正直なところ、具体的に新たな言葉を言語化するには至りませんでしたが、
共通して出てきた言葉としては、

「目の前で起きることを面白がり、楽しむ人が増えたらいいな」
「でも、俺らがもっと仕事を楽しまないとな」

というものでした。

では、なぜ仕事を楽しむ人が増えたらいいのか?
自分の答えとしては、その方が毎日が楽しくなるし、周りの人にもその楽しさが伝播していくと思うからです。少し大きな話にはなりますが、毎日を面白がり、楽しむ人が増えていったら、今よりも世の中が明るくなると思います。

例えば、

「10kgダイエットする」

という目標を掲げた時、(ずいぶん小さな話になりました)
「あぁ、好きなものを好きなだけ食べることができなくなるし、苦痛だな」
と思えば、毎日が苦しくなりますが、

「この10kgダイエットチャレンジをどうやったら、楽しむことができるかな?」
と問いを立てれば、

①ダイエットをする上でのルールをつくる
②待ち受けをダイエットをしたくなる画像にする。
③LINEグループをつくって、ダイエット実況中継する
④毎日、朝、ダイエット記録を自撮りする

などのアイディアが出てきます。
自分時次第で、楽しくすることはできる。

これは仕事も同じだと思います。
例えば、「毎月、●●円の目標売上を達成する」と目標を立てたとき、
その目標を達成するためには、今までと何かしらの「違い」を起こさないと達成できないとき、
普通にやると「無理ー」となるかもしれませんが、「どうやったら面白く達成できるかな?」と考えた方が、楽しくなります。

自分で目の前で起きることを面白くする。

そんな習慣をつけていったら、毎日が楽しくなるはず。
なので、僕らがまず、その実践者として、体現し続けたいと思います。

と言うことで、またダイエット始めます。(去年もやりましたが、リバウンドしたと言うのは内緒です
今日から8/31までに、体重を76kg台にします。(現在、83,4kg)

とりあえず、待ち受けはこれにしました。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top