skip to Main Content

自分の正義は、正しいのか?

1ヶ月、都内で過ごしていると、見る光景。

「ゴミやタバコのポイ捨て」「ホームで電車を待っているときの横入り。」「電車の中での、大きな声での電話」

これらは、マナーやモラルに反することだと思いますが、

「てーめぇーーー、そのポイ捨てしたゴミ、拾えや。」

「お前の目は節穴か、先に並んどったんじゃいっっ!!!」

「ここは電車だ!電話を切れーーーーい!」

なんて言い方したらおそらく、ケンカになります。

マナーやモラルに反するのを見て、「それはよくないぞ」「こうあるべきだぞ」と思い、注意をするとき、

「私は正しい!私は正義だ!!」

と言わんばかりに、言ってる人を見かけます。
そうゆう人は、だいたい口調が強い。なんだかドヤ顔(多分に解釈を含んでいます笑)

(と言いつつ、自分はどうなのか?と思うと、マナーやモラルに反するのを見て、イラっとするし、強い口調で注意しそうになることがあります。汗)

でもそれって本末転倒で、マナーやモラルの本来の目的は、「みんなが気持ちよく過ごすためのもの」であるはず。
マナーやモラルに反する人がいたとして、それをみて相手を攻撃するように注意したら、それ自体がモラルに反してる、という見方もできると思います。今はマナーやモラルという話でしたが、そこまでいかないとしても、自分の中の価値観があって、それらに反する行いを誰かがしたとき、攻撃をするかのように言ってしまえば、人間関係は悪くなります。もちろん仕事上のコミュニケーションでも同じことが言えると思います。

自分の言っていることは、本当に正しいのか?
相手の立場に立ってみると、どう見えるのか?
相手が気持ちよく受け入れる言い方にするとしたら、どんな言い方にできるか?

そんなことを立ち止まって考えて、実践できたら人間関係の衝突は少し少なくなるのかな、と思いました。
と言いつつ、まずは自分も気をつけていかないと、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top